STEAM PLACE

とあるエンジニアのブログ

Engineering Manager Competency Matrix を作った(エンジニアリングマネジメントトライアングルの考察:破)

Engineering Manager Competency Matrix を作った。
まだ作成途中ではあるのだが、現時点で公開することにする。

f:id:dskst9:20200810223004j:plain

Engineering Manager Competency Matrix とは何か

Engineering Manager Competency Matrix(以下、EMコンピテンシーマトリクス)エンジニアリングマネージャーの行動特性をマトリクスにまとめたもので、Google Spreadsheet で公開している。 EMコンピテンシーマトリクスは、エンジニアリングマネージャーにとって望ましい動作のリファレンスとして役立つことを目的としている。

コンピテンシーとは何か

書籍『コンピテンシー・マネジメントの展開(完訳版)』によれば、コンピテンシーとは、ある職務または状況に対し、基準に照らして効果的、あるいは卓越した業績を生む原因として関わっている個人の根源的特性、と定義されている。

同書によると、コンピテンシーの特性は次の5つのタイプに分かれるという。

  1. 動因 - ある個人が行動を起こす際に常に考慮し、願望する、さまざまな要因。
  2. 特性 - 身体的特徴、あるいはさまざまな状況や情報に対する一貫した反応。
  3. 自己イメージ - 個人の態度、価値観、自我像。
  4. 知識 - 特定の内容領域で個人が保持する情報。
  5. スキル - 身体的、心理的タスクを遂行する能力。

動因、特性、自己イメージに関わるコンピテンシーがスキルに基づく行動の引き金ととなる。それが、「動因/特性」→「行動」→「成果」という原因・結果のフローをとなっている。 また、コンピテンシーには必ず"意図"がが含まれており、意図を伴わない行動はコンピテンシーではない。

EMコンピテンシーマトリクスもこの説明を根底にして構築している。

マトリクスの構成

EMコンピテンシーマトリクスは、エンジニアリングマネージャーの一般的なコンピテンシーを定義している。 これらのコンピテンシーを次の3つに分類した。

  • Person based - 個人の人間性などによる行動特性。動因、特性、自己イメージに該当する。
  • Skill based - エンジニアリングマネージャーのスキルベースによる行動特性。スキル、知識に該当する。
  • Culture based - 企業文化に適したコンピテンシー。

Person based

書籍『コンピテンシー・マネジメントの展開(完訳版)』によると、エンジニアのような専門職の管理者を一般的な管理者と比べても、コンピテンシーに大きな差はなかったという。EMコンピテンシーマトリクスでは、同書から管理者のモデルを引用させていただいた。

Skill based

エンジニアリングマネージャーのスキルを考える土台として、エンジニアリングマネジメントトライアングルを使用した。トライアングルの各領域をスキルという視点でさらにブレイクダウンしている。

Culture based

企業文化に適したコンピテンシーは、企業ごとに異なるためマトリクスには未定義となる。 自身の企業に適したコンピテンシーを読者自身で定義してほしい。

レベルの定義

コンピテンシー用にレベル1から6を定義した。コンピテンシーは1から6まで徐々に強くなる。 たとえば、レベル1はアソシエイトエンジニアリングマネージャー。レベル6は、エグゼクティブエンジニアリングマネージャーといったイメージとなる。

行動の強度と徹底さ、インパクトの範囲、将来のための行動をする時間軸、といった測定尺度を用いてレベル定義を行っている。

EMコンピテンシーマトリクスを価値あるものにしていきたい

コンピテンシーの定義は、本来は行動結果面接(BEI)などによって行われる。しかしながら、私一人で多くのエンジニアリングマネージャーにインタビューすることは困難であった。したがって、EMコンピテンシーマトリクスはまだまだ未成熟な状態だ。

ぜひ、周りのエンジニアリングマネージャーのコンピテンシーを元にEMコンピテンシーマトリクス作成を手伝っていただけると嬉しい。

元データは GitHub で管理している。Contribution については README を参照。 github.com

GitHub の Json を Google Spreadsheet に取り込むと冒頭にもリンクしていたマトリクスになる。(Json は GAS で取り込めるようしている) docs.google.com

謝辞

EMコンピテンシーマトリクスの作成にあたり、以下2つの資料を参考にさせていただいた。この場を借りて、感謝申し上げる。

Circle CI 社のコンピテンシーマトリクス

circleci.com

エンジニアリングコンピテンシーマトリクスとして有名な記事。エンジニアリング全般から、企業文化も反映されている。
EMコンピテンシーマトリクスはエンジニアリングマネージャーにフォーカスしたかったため、同社のマトリクスのレイアウトをベースにして横軸を変更して作成した。

コンピテンシー・マネジメントの展開(完訳版)

コンピテンシーについて説いた非常に学びがある書籍。著者のスペンサー氏は、次のステップで数多くの職務を分析している。

  1. 業績考課制の尺度を定義する
  2. 尺度ごとのサンプルを選ぶ
  3. データを収集する(行動結果面接、パネル、360°評価、観察など)
  4. データを分析し、コンピテンシーモデルを作る
  5. コンピテンシー・モデルの妥当性を検証する
  6. コンピテンシー・モデルの適用を準備する

これを、数多くの被験者に対して実施している。コンピテンシーについてこんなにも研究されたものは他にあるのだろうか。 EMコンピテンシーマトリクスの Person based は、すべて同書からの出典である。これは、本書に完成されたコンピテンシーが記載されていたからに他ならない。

本来はすべてを直接引用したいのだが、マトリクスの6レベルでは表現ができなかったため、一部を引用させていただいた。引用許可をくださった生産性出版社にも併せて感謝を伝えたい。